淡路に川長あり

日本古代から平安まで、贄(にえ)の孝晋国として、皇室・朝廷に穀物以外の海産物を中心とした御食料を貢いだと言われるほど、淡路島では恵まれた食材がございます。 古代から現代まで食を通じ、人を魅了してきた淡路。料理自慢の料理旅館『川長』へお越しいただき、淡路の味ご堪能ください。

おいしさいっぱい、笑顔いっぱい、淡路の海の幸、山の幸

元祖 俺のたこ料理

まずは川長が使用する蛸は一味違う!!

四代目店主があることがきっかけで地元の蛸に出逢い、これぞ俺が追求すべき食材がこの地にあったことに気づきました。そこから20年もの歳月をかけ、日本全国のたこ料理を食べ歩き、研究に研究を重ね、究極のたこ料理が完成しました。素材はもちろんのこと、仕込みから調味料までこだわり抜いております。正直手間かかる料理だからこそ、手を掛けた分だけ旨くなる。

みなさまに淡路にお越しいただき、是非“川長”のたこ料理を召し上がっていただきたく存じます。

西浦の蛸天与の恵み

淡路島西浦産のたこは餌が豊富で旨味豊かで、味が凝縮されている。噛めば噛むほど口の中にたこの旨味が広がり、一品一品違った味わいや食感が楽しめます。

淡路島の郷土料理宝楽焼き

宝楽焼きとは、奈良時代に大和の宮人が淡路島の三原地域に狩りに出た際、海女が海の幸を焼き石に乗せて野焼きにして出したのが始まりとされております。

当館では陶板鍋に新鮮な鳴門鯛やさざえやエビを入れて、蒸し焼きにすることで、素材の旨味・香りを逃がさないように調理致します。

宝楽焼きは蓋を開けた時に、魚介の香りと一気に立ち上る湯気と同時に充ちあふれ、豪快に横たわる鳴門鯛や貝にエビが堂々と登場!!見た目でテンションが一気に上がり、口に運ぶまでのワクワク感がたまりません。蒸し焼きにしてるので、身はしっとりとしていて、ほくほくで柔らかく、口の中で旨味が広がり続けお箸が止まりませんよ。

夏の淡路を彩る 鱧料理

淡路では梅雨明けから8月にかけ鱧が美味しくなる季節。みなさまもご存じのとおり、夏になると京都の料亭などに出されている鱧は淡路が有名です。そんな、淡路の鱧を用いた料理を地元の川長で味わって下さい。

胴太で皮が薄く、程よく脂がのり肉質が非常によい淡路の鱧は、身がプリッと弾力があり、時間をかけて作り上げた琥珀色の出汁で食べる鱧すきは格別です。他に鱧天婦羅や湯引きの梅肉添えなど鱧をふんだんに使用した鱧料理を味わいに夏の淡路へお越しください。

とろける甘さ春を告げる五色の名魚 鰆 ~さわら

高値で取引される魚だけあって、春になると漁師たちは我先にと海へ繰り出し、海を賑わしておりました。大漁に水揚げされると大漁旗を潮風に靡かせ、港に戻ってきておりました。
そんな鰆は「さっぱりした中にも甘さがあって、新鮮なほど身が柔らかく中トロのようにとけて旨い」と称されている逸品を、丁寧に仕立てていきます。

美味いっ!その一言のために淡路三年とらふぐ

全国で養殖されているとらふぐはおよそ2年育てて販売ですが、淡路の三年とらふぐはさらに1年じっくり手塩にかけて育てています。とらふぐはデリケートで養殖が難しいと言われている魚ですが、三年かけて育てるふぐは全国からの評判も良いです。三年物はやはり旨味が違います。育った期間が長い分、身が芳醇で旨味深い。淡路の三年とらふぐは、淡路の冬を代表する最高の食材です。冬の淡路旅行なら是非ご賞味ください。

ふぐ料理 フルコース

ふぐ料理 リーズナブル

てっさは一人前7切れです。